理想の住宅に仕上げるために注文住宅を建築しよう

賃貸住宅の流れ

最近の賃貸住宅の傾向

これまでは、賃貸住宅というものは売り手市場でしたが、最近は空室が目立つ賃貸住宅が増えてきました。ですから、今後はより入居者のニーズにあった賃貸住宅ではないと、入居者を集めることが難しくなっていく可能性があります。 そこで、最近注目されている特徴的な賃貸物件としては、シェアハウスができる物件、ペットを飼う人しか入居できない物件、同じ趣味の人が集まった物件などがあります。 シェアハウスができる物件に関しては、共同のキッチンやスペースが確保されている物件です。ペットを飼う人のための物件に関しては、ペットが済める環境と最初から整っている賃貸物件となります。同じ趣味の人が集まった物件に関しては、例えば、ワイン好きの人やバイク好きの人などが集まる賃貸物件などがあります。

賃貸物件を契約する為に必要になる費用

賃貸物件の契約をする為には様々な費用が掛かりますが、まず家賃が挙げられます。通常、家賃は実際に賃貸で暮らし始める月の分と、来月分の家賃を支払う事になりますので、最大で2ヶ月分が必要になります。月末などに暮らし始める場合ですと負担も少なくなりますので、賃貸契約のタイミングを工夫してみるのも良いでしょう。 敷金礼金も必要です。敷金は退去する際に還ってくる可能性がありますが、礼金は還ってきません。因みに礼金をカットしてくれる事もありますので、交渉してみる余地があります。 仲介手数料も用意しなければいけません。賃貸を紹介してくれた不動産会社に支払う費用ですが、家賃の1ヶ月分プラス消費税を支払うのが一般的です。 他にも害虫駆除費用やクリーニング費用なども必要ですが、交渉次第でカットできる可能性もあります。